FIVE FOUR

メニュー
HOME > HTML5の勧告は今年2014年

HTML5の勧告は今年2014年

2014年に個人的に楽しみな事、それはHTML5の仕様策定が一昨年2012年12月17日に終了となり、今年2014年に勧告の予定となっていることです。

昨年4月にはhgroup要素が勧告候補から削除されるという事もありました。
このhgroup要素に関しては制作を手がけたサイトで使用していた方も少なくないのではないでしょうか。

W3C勧告はいわゆる標準化と言われるもので、そのために下記のように段階的に討議がかさねられ仕様が策定/決定されていきます。hgroup要素もその過程の中で勧告候補から削除されました。

現在もまだ勧告候補が更新され続けている状況のようです。

W3C勧告までの過程

[1] 草案(Working Draft)
[2] 最終草案(Last Call Working Draft)
[3] 勧告候補(Candidate Recommendation)
[4] 勧告案(Proposed Recommendation)
[5] W3C勧告(Recommendation)
[6] 勧告の修正・変更・解除

2008年に草案が発表されたHTML5ですが、6年たってようやく勧告を迎えようとしています。もう既にHTML5は標準と言ってもいいような気がしますが、正式に勧告されるというのは感慨深いなぁと思います。

今後もHTML5の次バージョンとなるHTML5.1の勧告が2016年に予定されていて、制作に携わる我々も日々新しい情報や技術をとりいれていかなければならないなぁと、気が引き締まる思いで勧告を楽しみに待ちたいと思います。

勧告を迎えたとしても今までの状況から劇的に変わるわけではないとは思いますが、一つの区切りとしては大きな変化になるのではないでしょうか。

[参考記事]
2012年12月17日-W3CがHTML5仕様策定完了を発表、相互運用性テストおよびパフォーマンス向上へ

ファイブフォー株式会社 制作担当
やまもと