FIVE FOUR

メニュー
HOME > リスティング広告の運用を始める方へ – PPC徹底攻略ガイド

リスティング広告の運用を始める方へ – PPC徹底攻略ガイド

リスティング広告の運用を始める方へ

これからPPC(リスティング広告)の運用を始める方々へ

  • 自社運営サイトのPPC(リスティング広告)の運用を担当する事になった
  • これからPPC(リスティング広告)をやってみたい
  • PPC(リスティング広告)の運用を広告代理店に任せているんだけど、担当者の話がイマイチ理解できない

このような方々に良く聞かれるのが、
「どんな本を読んで勉強すればいいですか?」
という質問です。

結論から言うと、
「PPC(リスティング広告)の手法や事例などが書かれている書籍を読む前に“するべきこと”がある」
というのが私の持論です。

 

PPC(リスティング広告)の書籍について

恐縮なことに、このブログはPPC(リスティング広告)業界の方々にもご拝読頂き、賛否両論を頂いております。

そして、PPC(リスティング広告)業界に長年携わっている方が書かれている書籍は、間違いなく”良本”です。
書籍に挙げられている決定的な手法や事例、根本的な理論や思考回路など、
私も困った時は参考にさせて頂き、ヒントを貰うこと、
或いは、自分の仮説に対する、自信となる裏付けを貰うことが多々あります。

PPC(リスティング広告)業界に携わっているのに、
書籍を全く読んでいない人は(少なくとも私の周りには)一人もいません。

しかし、完全な初心者には少し難しいのです。
具体的に言うと、テクニカルな内容に寄り過ぎて、
読者は何年かPPC(リスティング広告)に携わっている前提の書籍が多いと感じます。

(それは、このブログにも言えることですが…)

では、まず何をすべきでしょうか。

 

PPC(リスティング広告)を始めるにあたっての基礎

物事において、大切なのは“基礎”です。
それはPPC(リスティング広告)を運用する上でも変わりません。
そして、私はその基礎には2種類あると考えます。

“PPC(リスティング広告)の基礎”を学ぶこと

“Webマーケティングの基礎”を学ぶこと

では、基礎を固めるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

PPC(リスティング広告)の基礎を学ぶ

  • 「PPC(リスティング広告)ってどこに出るの?」
  • 「PPC(リスティング広告)っていくらかかるの?」
  • 「CTRって何?」
  • 「部分一致って何?」

PPC(リスティング広告)の基礎とは、
PPC(リスティング広告)の仕組みや用語などを指します。

知識は、Googleで検索すれば答えを教えてくれます。
或いは「Yahoo!プロモーション広告」「GoogleAdWords」などの媒体のWebサイトには、
正確かつ、分かりやすく説明されています。

つまり、書籍は必要ありません。

それより大切なことは、実際にPPC(リスティング広告)を運用し、
“生きた”PPC(リスティング広告)を感じることだと私は考えます。

実際に自分の手で運用していない方も、
管理画面や広告代理店が提出してくるレポートをよく読むことが大切です。

そうすれば、自ずとPPC(リスティング広告)の基礎は身につきます。

 

Webマーケティングの基礎を学ぶ

ここでは
「マーケティング」=「商品・サービスとユーザーを繋ぐもの」
と規定します。

検索エンジンでのマーケティングを行うのが
SEM(Search Engine Marketing)であり、
SEMの最たる手段がPPC(リスティング広告)である、
と私は考えます。

しかし、PPC(リスティング広告)は手段に過ぎません。

商品・サービスを、ユーザーにアピールし、
どうやってコンバージョンしてもらうのか?
根本的な仕組みを理解し、実践することが一番大切だと考えます。

※コンバージョン = 購入・申込・登録など

そのためにはまず以下の「3つの理解」が必要です。

最初に、
『商品・サービスの強み』
『商品・サービスのターゲット』
の理解。

次に、
『目的(ゴール)の設定』
『現状分析』
『その2つの差(ギャップ・キャズム)』
の理解。

最後に、
「その差が唯一の解決すべき問題である」
ということの理解。

PPC(リスティング広告)における「3つの要素」は
キーワード
広告文
ランディングページ
です。

「3つの要素」は、先の「3つの理解」があれば、自ずとブラッシュアップされるはずです。

もしあなたが
「キーワードが分からない」
「広告文が決められない」
というのであれば、たぶん「3つの理解」が不十分なのではないでしょうか。

※ただし「3つの要素」は、運用の中でPDCAを繰り返し“変化”を伴うべきものです。
 たとえば、キーワードを削除したり、広告文を変更したりします。

アカウント最適化のモノサシを手に入れる

「3つの理解」を理解し「3つの要素」が決まれば
次に必要なのは効果を計測するモノサシです。

『KPI(重要業績評価指標)』
を設定すること。

『ROI(投下資本利益率)』
『LTV(顧客生涯価値)』
を算出すること。

大切なのはアカウントの全体最適化であり、部分最適化ではない

というのが私の持論です。

KPIが決まっていなければ、最適化する方向を見失い、
また、投下した資本(広告費)が最終的に生んだ利益を算出しなければ、
間違った最適化をしてしまうことになります。
※ これは、機会ロスにも廃棄ロスにもなり得ます。

ここまで読んだ方はお気づきかもしれませんが、
これはPPC(リスティング広告)に限ったことではありません。

PPC(リスティング広告)に限ったことでは“ないからこそ”
必ず、理解する必要があるのです。

冒頭の質問に戻ります。

「どんな本を読んで勉強すればいいですか?」
この問いに私は答えられません。
(ここでは、具体的な書籍名を挙げられないので)

しかし、これからPPC(リスティング広告)に関わる方は、
「PPC(リスティング広告)の基礎」ではなく
「Webマーケティングの基礎」に関連する書籍を
数冊読むべきだと思います。

(『』内のキーワードを書籍通販サイトで検索してください。
 きっと良本に巡り合えると思います。)

この記事のまとめ

  • PPC(リスティング広告)運用のための「基礎知識」には2種類ある
  • PPC(リスティング広告)の基礎を学ぶために、書籍は必要ない
  • PPC(リスティング広告)は仕組みを理解し、実践することが一番大切
  • 「3つの理解」で「3つの要素」をブラッシュアップしましょう
  • アカウント全体を最適化するために「モノサシ」を手に入れましょう
  • 「Webマーケティングの基礎」に関連する書籍を数冊読みましょう

ファイブフォー株式会社 PPCストラテジスト
石橋功太

 

 

PR

ファイブフォー株式会社のPPC運用代行サービス